脊椎外科 | 福井市の佐藤整形形成外科 | 福井県福井市桃園1丁目1-2

福井県福井市桃園1丁目1-2

0776-35-5151

脊椎外科

脊椎とは

脊椎とは

体の構造を支える柱である脊椎は、7つの頚椎、12の胸椎、5つの腰椎、仙骨(仙椎)、尾骨で構成されています。これらを合わせて「脊椎」と呼び、この脊椎の中の脊柱管を脊髄が通っています。

この脊髄の中には、脳から発せられる指令を伝える神経や、逆に感覚の情報を脳へと返す神経、心臓や消化器などの運動を調節する神経など、いろいろな神経が走っています。

脊椎外科で最適な治療法を提案

体を支える柱となる脊椎は、人体の広範囲に及ぶことから、様々なことで障害が生じ、いろいろな症状が現れます。脊椎疾患は、治療が長期に及び、慢性的な疼痛に悩まされている患者様も少なからず見受けられます。
脊椎外科では、症状や検査結果を元に的確な診断を行い、患者様にとって最適な治療法をご提案します。

脊椎外科でよく見られる疾患もしくは症状

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 腰椎分離症
  • 頸椎症
  • 交通事故などによる頸椎捻挫(むち打ち症)
  • 首から腰の疾患や上肢・下肢の痛みやしびれを伴う疾患 など

よくみられる主な脊椎疾患

腰部脊柱管狭窄症
変形性脊椎症など様々な原因により、腰椎の中を通る馬尾神経や神経根を圧迫して炎症や神経の血流障害を起こす疾患が腰部脊柱管狭窄症です。
症状としては、腰痛がみられるほか、間欠性跛行が起こります。歩き始めは問題ないのですが、そのうち脚がしびれたり、もつれたり、やがて脚全体に痛みが起き歩けなくなります。しかし、少し休むなり、前屈などをすると、症状が消えて、また歩けるようになります。症状が重くなると仰向けに寝ると足にしびれが起きるようになり、体を横向けにしないと寝られなくなるほか、排泄障害もみられるようになります。
腰椎椎間板ヘルニア
椎間板の変性が始まるとされる20~40歳代の男性によくみられ、腰の一部の椎間板(骨と骨の間にある円形の軟骨組織でクッションと関節の役割がある)が、本来の位置から飛び出して神経を圧迫している状態が、腰椎椎間板ヘルニアです。
症状としては、腰や臀部が痛み、また下肢にしびれや痛みが放散したり、足に力が入りづらくなったりします。背骨が横に曲がることもあります(疼痛性側弯)。寝ている時や背中を伸ばしていたりすると痛みは和らぎます。
頚椎症
中高年世代の方に起こりやすい症状で、加齢による頸椎の椎間板の変性をはじめ、首の酷使が長年続いたことなどが原因になります。椎間板が変形することで、神経根や脊髄が圧迫されると様々な症状が現れますが、主に首の痛みやこりから始まり、次第に上半身や下半身に症状が現れてきます。
上半身の症状には、痛みのほかに、脱力感、疲労感、手指の感覚の違和感、冷え、こわばりなどを感じることがあります。また、脊髄に圧迫が起こると下半身にも症状が現れ、歩きにくくなったり、脚がつっぱったりする症状が現れます。圧迫がひどい場合は、排尿・排便の異常も見られます。

PAGE TOP